スポンサーリンク

Webアプリケーション開発

ビジネス層(サービス層)の作り方

投稿日:2021年2月8日 更新日:

このページでは、ビジネス層の実装であるサービスをSpringBootを使ってコーディングする方法を説明します。

サービスの役割

サービスはビジネスロジック(業務処理)を実行することが役割です。多くの場合、ビジネスロジックはデータベースを検索したり、データベースを取得/更新したり、複数のテーブルからデータを取得して計算したり、データベース操作を伴うため、インテグレーション層の呼び出しを伴いいます。

サービスの処理の流れは基本的にこのようになります。

#処理
1コントローラから値を受け取る(呼び出される)
2値をチェックする(バリデーション) ※省略して良い
3データ整合性チェック
4リポジトリーを呼び出す
5リポジトリー操作結果に対する処理
6リポジトリー操作結果を変換する
7コントローラに値を返す
サービスの処理の流れ

Udemyのハンズオン動画講座でSpringBootのスキルを磨く!

スポンサーリンク

-Webアプリケーション開発

Copyright© 【Spring Hack】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.