スポンサーリンク

Java 基礎知識

Javaのコンパイル、クラスファイル

投稿日:

Javaを実行する流れ

  1. Javaファイル(.java)をjavaコマンドでコンパイルし、.classファイルを生成する。
  2. .classファイルをjavacコマンドで実行する。

コンパイルとは?

コンパイルすることで、Javaファイル(.java)からクラスファイル(.class)が生成される。

クラスファイルの中身

クラスファイルは中間語であり、CPUはクラスファイルを直接実行できない。

JVMに同梱されているJITコンパイラが、順番に機械語(バイトコード)に翻訳しながら、CPUは実行していく。

Javaファイルをコンパイルする

1つのJavaファイルをコンパイルして実行する

下記Javaファイルを任意のディレクトリに配置する。

class Sample1 {
	public static void main(String[] args){
		System.out.println("hello world!");	
	}	
}

javaコマンドで配置したJavaファイルをコンパイルする。

>cd D:\springhack\JavaStudy1\src
>javac Sample1.java

同じディレクトリにSample1.classが生成された。

生成されたクラスファイルはjavaコマンドで実行できる。

>java Sample
hello world!

Jarファイルを作成する

複数のJavaファイルをコンパイルしてできる、複数のクラスファイルは1つのJarファイルにまとめることができる。

クラスファイルがある。

クラスファイルがあるディレクトリで、jarコマンドを実行することで、jarファイルを作成できる。

>jar -cvf Sample.jar *.class
マニフェストが追加されました
Sample1.classを追加中です(入=420)(出=291)(30%収縮されました)

jarファイルはjavaコマンドに-jarオプションをつけることで実行できる。

Udemyのハンズオン動画講座でSpringBootのスキルを磨く!

スポンサーリンク

-Java, 基礎知識

Copyright© 【Spring Hack】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.