スポンサーリンク

Webアプリケーションの全体構造

Springのコンテキストパスは、server.servlet.context-path=/xxxで指定する

投稿日:

コンテキストパスとは?なぜ必要?

コンテキストパスとは、サーバーにおけるWebアプリケーションのパスのとこです。

アプリケーションAとアプリケーションBを同一サーバー上で起動する場合、
http://localhost:8080 がサーバーのパスになりますが、
その後、コンテキストパスがないと、どのアプリに対するURLなのか分かりません。

例えば、http://localhost:8080/update というパスは、アプリケーションAのupdateなのか、アプリケーションBのupdateなのか分からなくなります。

そこで、アプリケーションAとアプリケーションBというように、アプリケーション自身を識別するためのパスがコンテキストパスです。

次のようにして識別できるようにします。
・アプリケーションAのコンテキストパスを /path-to-a
・アプリケーションBのコンテキストパスを /path-to-b
としておくと、
URLは http://localhost:8080/path-to-a/update となり、アプリケーションAのupdateであると判別がつくようになります。

Springのコンテキストパスの指定方法

SpringBootアプリケーションのコンテキストパスは、application.ymlまたはapplication.propertiesで指定できます。

server.servlet.context-path=/hoge
server.port

Thymeleafでの補完方法

Thymeleafでは「@」(リンクURL式)を使うことで、コンテキストパスを補完してくれます。
(Thymeleaf 4.4 リンクURL)

	<a href="/hoge/after">リンク</a>
	<a th:href="@{/after}">リンク2</a>

出力されたHTMLは次のように、補完されたものになっています。

Udemyのハンズオン動画講座でSpringBootのスキルを磨く!

スポンサーリンク

-Webアプリケーションの全体構造

Copyright© 【Spring Hack】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.