スポンサーリンク

オブジェクト指向 基礎知識

UMLのクラス図

投稿日:

UMLのクラス図とは?

UMLのうち、最も重要なのがクラス図である。

なぜ、クラス図を書く必要があるか?

クラス図を書かなくても、Servletの技術を使えばWebアプリケーションを作成することはできる。

しかし、オブジェクト指向のメリットである再利用性を高めるためのコンポーネント構成(クラスの分割)を検討する際の共通言語としてクラス図が役に立つ。

クラス図を書くだけでなく、クラス図を書いた上で、再利用性を高めることができないか、つまり「凝集度を高めて結合度を下げるにはどういう構成にすれば良いか考えること」が重要である。

また、Webアプリケーションを構成するクラス群の全体構成を可視化して効果的に伝える上でも、クラス図は有用である。

UMLのクラス図の書き方の基本

クラス図において、各クラス(またはインターフェース)は次のように書く。

クラス図の書き方

一番上にはクラス名を書く。インターフェースの場合は、「<<インターフェース名>>」と書く。
次に属性(フィールド名)を、その下にメソッド名を列挙する。
属性またはメソッド名は省略しても良い。(クラス名だけでも良い)

また、属性またはメソッドのアクセス修飾子を表現する場合は次の記号を使用する。

記号アクセス修飾子クラス図での表記
private自クラス内のメソッドからのみアクセス可能
protected自クラスまたは自クラスのサブクラスからのみアクセス可能
default自クラスと同一パッケージ階層のクラスからのみアクセス可能
public全クラスからアクセス可能
UMLのクラス図でアクセス修飾子を表現する

UMLのクラス図の関連の表し方

クラス図で重要なのが関連の表し方である。関連の種類に応じて、表現方法が決められている。

クラス間の関係の概念
表記関係名説明
関係2つのクラス間またはインスタンス間に関係があることを表す。
 依存関係があることを依存と呼ぶ。
  継承クラス間の依存関係を表す。
   汎化・特化Javaのextendsキーワードに相当。子 extends 親。
   実現Javaのimplementsキーワードに相当。実装クラス implements インターフェース。
  関連インスタンス間の関係を表す。
   集約子クラスが存在しなくとも、親クラスは単独で存在する関係。
   コンポジション子クラスが存在しないと、親クラスも存在できない関係。
クラス間の関係のまとめ

Udemyのハンズオン動画講座でSpringBootのスキルを磨く!

スポンサーリンク

-オブジェクト指向, 基礎知識

Copyright© 【Spring Hack】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.