スポンサーリンク

Webアプリケーション開発

SpringBootの最もシンプルなRestAPIの作り方

投稿日:

SpringBootでは、@Controllerの代わりに@RestControllerを使うことで、DTOをJSON形式に変換してレスポンスしてくれます。

サンプルコード

@RestController
@RequestMapping("/list")
public class ShopListController {

	@GetMapping
	public List<Shop> get() {

		// レスポンスを作成
		List<Shop> shops = new ArrayList<>();
		Shop shop1 = new Shop();
		shop1.setId("1");
		shop1.setName("Searsar北谷店");
		shops.add(shop1);
		Shop shop2 = new Shop();
		shop2.setId("2");
		shop2.setName("ワクワクダイビング備瀬店");
		shops.add(shop2);

		return shops;
	}
}
public class Shop {

	private String id;

	private String name;

	public String getId() {
		return id;
	}

	public void setId(String id) {
		this.id = id;
	}

	public String getName() {
		return name;
	}

	public void setName(String name) {
		this.name = name;
	}

}

あとは「// レスポンスを作成」のところで、DBに接続して何かを実行するだけです。

実行結果

Udemyのハンズオン動画講座でSpringBootのスキルを磨く!

スポンサーリンク

-Webアプリケーション開発

Copyright© 【Spring Hack】 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.